発達障害の「二次障害」って知ってる?|(不登校、引きこもりなどの二次障害を予防しよう)

Blog

2022.10.29

特性のおはなし

テーマ:

発達障害の「二次障害」って知ってる?

こんにちは!

最近、徐々にフリースクールや放デイさんなどとの繋がりが深くなってきており、同じように熱意を持った方との交流を楽しんでおります!

話は変わりますが、最近体調不良の方が続出している気がします。コロナではなく、咳やのどの風邪。季節の変わり目でもあるので、皆さん気を付けて下さいね💦

 

さて、本日は、発達障害で一番避けるべきこと『二次障害』についてお話ししたいと思います。皆さんは、発達障害には『二次障害』を引き起こす危険性があることをご存じでしょうか?

どのような二次障害があるかというと、、うつ病、緊張、不安、腹痛、頭痛、疲労感、チックなどの症状から、不登校引きこもり自傷行為などに繋がるケースのことです。

ただ、二次障害については、防ぐことができる可能性もあります!だからこそ、二次障害の存在を知っておくことが最も重要です。

 

ではなぜ、二次障害を引き起こしてしまうのか?2点の環境が原因で起こることが多いです。

1点目は、家庭でのかかわり方によって引き起こすケースです。

2点目は、学校や職場での人間関係などによって引き起こすケースです。

 

いずれも、共通していることは、「周囲の環境、周囲からの振る舞われ方」です。もっと具体的に言うと、「発達障害の特性を理解してもらえない」という問題から引きおこることが最も多いです。特性が理解できないからこそ、言われたことがうまくできない集中力がないコミュニケーションが円滑ではない、などのトラブルに対して、「わざとやっている」「できないのではなくやらない」と思われてしまうのです。

その結果、冷たく当たられる人と比較して責められる、ということが他の人よりも多く経験する為、「自己肯定感」が下がってしまい、二次障害に繋がるのです。

 

全ての方がそのような環境で育つわけではなく、最初から理解のある人達に囲まれて育つ子もいるので、一概には言えません。

しかし、幼少期は自分の身を置く環境を選べないからこそ、家族や周囲の人たちが知識として知っておく必要があります。

 

これらを防ぐ為には、「特性がある為、人と同じようにできないこともある」という理解が重要です。

どのような特性があって、それに対する対策法に関しては、また別の記事で紹介していきたいと思います!

 

うちの子って発達障害かも?病院に行くべきかな?などお悩みの場合は、是非いつでもご相談ください!もちろん病院ではないので、正式な検査実施などは難しいですが、どのような傾向があるかについては、お話しできると思います!

是非公式LINEアカウントからご相談ください!

友達登録:https://lin.ee/LWDTnyM

 

最後まで読んでくださってありがとうございます😊

それでは、また👋

 

 

ピックアップ