当塾の「不登校」に対する考え方|ブログ|さくらオンライン塾

Blog

2022.10.10

不登校のおはなし

テーマ:

当塾の「不登校」に対する考え方

こんにちは☀

 

そろそろ紅葉の時期ですね!(地域差はありますが)

秋の色味が本当に好きで毎年楽しみです🍁

毎年「食欲の秋」という言葉に騙されて、食べすぎてしまうので、

今年は気を付けたいと思います😂

 

さて、本日は当塾についてお話をしたいと思います。

最近、親御様から「不登校から学校に復帰させてくれるんですか?」と問い合わせを頂くことがあります。そのことについて、お話しをしたいと思います。

 

結論、当塾では「不登校支援=学校への復帰支援」とは思っておりません。

その子1人1人が輝ける環境がどこなのか、一緒に向き合うサポートをします。

 

学校に行けなくなったお子様、親御様は、大抵自分を責め、自信を失くしてしまっています。しかし、そのような心配をする必要は決してありません。

 

なぜ、このような考え方に沿って支援をしているのか、私のお話しをしたいと思います。

 

人間は皆さんが思っている以上に、「環境」に左右される生き物なのです。だからこそ、環境選びってすごく大切です。

しかし、世の中では学校に行くのが当たり前、大学に進学しないと良いところに就職できない、などさまざまな意見が飛び交っていますね。

 

でも、よく考えてみて下さい。皆さん同じ人間というだけで、生い立ちも性格も外見もなにもかも異なるのに、なぜ同じ環境が誰にでも合うと思えるのでしょうか?少なくとも私は万人受けする環境なんてないと考えています。

 

実体験をお話しします。

大学生時代に、アルバイトを何個も掛け持ちしていました。色々と経験した中で、一つだけ合わない飲食店のバイト先がありました。どのような環境だったかというと、賄いが美味しくて店長も優しく家からも激近な職場でした。ただ1つだけ、パートの方との相性が本当に合わなかったのです・・・威圧的で少しでもミスをするとチクチク言われる、その方は古株で権力があり、店長さえ逆らえない時があるくらいのボス的存在でした。他のアルバイトは陰でパートの方の愚痴を吐きながら長年頑張っている方がほとんどでした。情けないことに、私は1か月たらずで退職しました。

「自分はなんて忍耐力がないのだろう」「社会不適合者かもしれない」色々と考えて落ち込みました。

 

ただ、振り返ってみると、そこ以外のアルバイト先は全て「覚えるのがはやいね」「仕事できるから助かる」など肯定的なことを言ってくださっていたことに気づき、「環境が合わない」ことで自分の良さを発揮できないことってあるんだと、気づいたのです(もちろん他責にしすぎるのはよくないですが)。

 

実はこのことに気づいたのは、今の仕事を始めてすぐのタイミングです。不登校について多くのケースを見てきたことによって、自分自身も振り返ることができました。

 

私は仕事を通して気づくことができましたが、小中高生のお子様が1人で気づくことは難しく、大抵自分を責めてしまいます。だからこそ、当塾では、「学校が合わなかっただけで、〇〇さんが輝ける環境は必ずあるよ」と伝えています。

 

どうでしょう?この考え方に共感していただけたでしょうか?

将来への不安などはあると思いますが、実は不登校生徒の9割ほどが進学をきっかけに復帰、就職をして社会生活を再開しているのです。

 

一番大切なのは、その子が休むべきタイミングで周囲の人間が肯定してあげることだと考えます。

なかなか前向きになれない親御様、是非公式LINEアカウントからご連絡ください✨

友達登録:https://lin.ee/LWDTnyM

 

最後まで読んでくださってありがとうございます😊

それでは、また👋

ピックアップ