子供が不登校になったら気を付ける3つのこと|オンライン塾

Blog

2022.09.28

不登校のおはなし

テーマ:

子供が不登校になったら気を付ける3つのこと

こんにちは♪

だんだん涼しくなってきましたね。

日が短くなるのは寂しいですが、暑がりの私にとっては待ちに待った季節です。

 

さあ、ブログ一発目は「子どもが不登校になったら気を付けること」についてお話しします。

 

ある日突然、子供が学校を休み始め、気づけば1週間以上学校に行っていない。

なんて状況にお困りではありませんか?

「何か嫌なことがあったのかな?」「体調が悪いのかな?」「人間関係かな?」色々な心配事が頭に浮かんで眠れない親御さんも多いと思います。

 

ここでまず気を付けるべきことその1

『学校に行けない理由を問い詰めない』

原因を知りたくて、どうしても聞きたくなってしまうのですが、子供が話したがらないうちは問い詰めてしまうと、逆効果です。責められていると感じ、ふさぎ込んでしまう子も多いです。心配でたまらないところですが、「今は休みたい時なんだ」と言い聞かせて、様子を見てみましょう。

 

その後も長期にわたって学校にいけず、いよいよ学校の授業にも大幅についていけなくなってしまうという懸念が浮かぶでしょう。

 

そんなときに気を付けるべきことその2

『無理やり外に連れ出そうとしない』

このままでは不登校&引きこもりにもなりかねないという心配から、とにかく外に無理やり連れて行ったり、学校に行かせようとしてしまう親御さんがいます。もちろん逆効果です。「学校や外は行きたいと思ったときだけでいい」そのように声掛けをしてあげてください。「〇〇するべき」という言われるより「したいときにして」と言われた方が心が楽になるからです。

 

ここまでくると、不登校でもいいから勉強はしてほしいという感情が湧いてきます。そんなとき、子供の意思も聞かずに不登校でも行ける塾に問い合わせたりしていませんか?

 

そんな時に気を付けるべきことその3

『本人の意思じゃないのに塾を契約しない』

将来への不安から当塾のような不登校でも行ける塾を契約する親御さんがいらっしゃいます。もちろんお子さんのことを思ってのことだとは思いますが、もしお子さんのメンタルがまだ勉強に前向きな状態になっていない時に、勉強を強制させて、結果的に行けなかったらどう思うと思いますか?「できなかった」という結果だけ残るのです。まずはお子さんと話し合って、どうしていきたいかをお子さんに決めさせるように話し合いを設けてみましょう!

 

どれも文章以上に難しいということは前提の上でのお話しです<(_ _)>

ただ、状況を悪化させる行動はできるだけ取りたくないですよね。

お子さんと同じくらい親御さんもお辛い気持ちということも痛いほど分かりますが、「この発言って本当に子どもの為?私が不安だから言ってるだけ?」と立ち返ってみましょう。

 

当塾ではそのような親御さんのお悩み相談にも乗っています♪

公式LINEでお待ちしております☟

https://lin.ee/LWDTnyM

 

それではまた👐

ピックアップ